メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英総選挙、検証座談会 3年半の混迷、打開選択

渡辺啓貴・帝京大教授=内藤絵美撮影

渡辺啓貴・帝京大教授、若松邦弘・東京外語大大学院教授、伊藤さゆり・ニッセイ基礎研究所研究理事

 12日に投開票された英下院総選挙で、ジョンソン首相率いる保守党が大勝し、来年1月末での欧州連合(EU)離脱に向け大きく前進した。欧州に詳しい▽渡辺啓貴・帝京大教授▽若松邦弘・東京外国語大大学院教授▽伊藤さゆり・ニッセイ基礎研究所研究理事――の3氏に英国民の選択の背景や今後のEU離脱に向けた動き、国際社会への影響などを語ってもらった。【司会・小倉孝保東京本社編集編成局次長、写真・内藤絵美】

この記事は有料記事です。

残り6192文字(全文6434文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 6歳で亡くなった娘「もう一度夢に出てきて」 阪神大震災26年、遺族が思い

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです