メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Moment

検証・セキュリティー/3 子会社、ウイルス標的 企業トップの積極関与カギ

 「今日の訓練を参考にして、関連企業のセキュリティー向上と情報共有をお願いしたい。2020(年東京五輪)大会には必ず、サイバー攻撃がある」

 11月19日に東京都内で開催された警視庁主催のサイバー攻撃対処訓練。斉藤実副総監のあいさつに、東京五輪のパートナー企業から参加した約50社の計80人ほどが聴き入った。参加したのは鉄道などインフラ系や警備、旅行、保険などの企業で、4人1組が20余りの班に分かれて取り組んだ。

 訓練のシナリオを設計したシステム開発会社ディ・アイ・システムの島本佳幸管理本部付部長が、参加者に狙…

この記事は有料記事です。

残り1841文字(全文2097文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 日本人名のローマ字表記 「名→姓」定着は西洋人コスプレ?

  3. 元NBA選手、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  5. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです