メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食・FOOD

作り置きしてサポート 親が喜ぶ冷凍おかず

発送する時は、料理名と解凍時間が分かるようにして箱詰めする=内藤絵美撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 買い物はできているか、きちんと食事をしているか――。高齢の親と離れて暮らしていると、日々の食事や健康状態が気にかかる。自宅で作ったおかずを冷凍して宅配便で送り、食生活をサポートする方法がある。料理研究家で管理栄養士の検見﨑(けんみざき)聡美さんに、調理法や容器選びのコツを聞いた。

 独居の高齢者は増えている。内閣府の高齢社会白書によると、2015年に65歳以上の1人暮らしの人は約592万人(男性約192万人、女性約400万人)で、30年には約800万人に達すると予想される。運転免許の返納や病気で買い物難民になったり、火の扱いに注意が必要になったりする高齢者の食事援助は、重要度を増していく。

この記事は有料記事です。

残り2030文字(全文2344文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  4. 「まさか栃木で」小6女児保護、大阪の住民ら驚き「よく頑張った」

  5. 水説 怒れる検事長OB=古賀攻

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです