メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トレンド観測

Theme 出版界も明智光秀ブーム 謎多い前半生と信長殺害理由

刊行が相次ぐ明智光秀関連本=栗原俊雄撮影

 戦がうまく、外交もできる。教養も豊か。傑出した能力を持ちながら、「逆賊」となって主君織田信長を本能寺で討つ――。戦国時代の武将、明智光秀に出版界が注目している。小説、評伝など、新作に名著の復刊と目白押しだ。

 波瀾(はらん)万丈の生涯を短時間で知るには、『カラー版 明智光秀とは何者なのか?』(洋泉社)がいい。基礎的な史実に加え、最新の研究成果も紹介されている。図版も多く、ゆかりの地を歩くガイド本としても使えそうだ。

 ただ、前半生は謎に包まれている。それだけに、作家は想像力の見せどころだ。たとえば、司馬遼太郎の『国…

この記事は有料記事です。

残り828文字(全文1087文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  2. 18メートルの動く実物大ガンダム 10月1日横浜に立つ 山下ふ頭で1年間

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  5. 高速道路で可搬式オービス運用 四国初 愛媛県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです