メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今よみがえる森鴎外

/9 「住む世界違う」悲恋物語 散歩から生まれた名作=評論家・川本三郎

『雁』に登場する無縁坂。上り切ると、東大医学部の出入り口である「鉄門」がある=東京都文京区で2019年12月11日、須藤唯哉撮影

 東京散歩や町歩きが盛んになっている現在から考えると不思議だが、江戸時代には散歩という風習はなかった。

 隠居はともかく大の男が昼間からぶらぶら町を歩くことなど無用のこととされた。「犬の川端歩き」と軽蔑された。

 大佛次郎は「散歩について」という随筆で書いている。江戸時代には散歩など「はしたない」行為であった。ぶらぶら歩きは、遊び人か犬のすることでまともな大人のすることではなかった。身分制度の厳しい時代、そんな遊びは武士にも町人にも許されなかった。

 それなら、いつ散歩は始まったのか。大佛次郎によれば「散歩は、やはり西洋人が来て教えた」。散歩は近代のものだった。散歩は精神的にも時間的にも余裕がないと出来ない。だから明治になって散歩を楽しむようになったのは学生や知識人、高等遊民と呼ばれる人たちだった。

この記事は有料記事です。

残り1742文字(全文2093文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです