メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今よみがえる森鴎外

/9 「住む世界違う」悲恋物語 散歩から生まれた名作=評論家・川本三郎

『雁』に登場する無縁坂。上り切ると、東大医学部の出入り口である「鉄門」がある=東京都文京区で2019年12月11日、須藤唯哉撮影

 東京散歩や町歩きが盛んになっている現在から考えると不思議だが、江戸時代には散歩という風習はなかった。

 隠居はともかく大の男が昼間からぶらぶら町を歩くことなど無用のこととされた。「犬の川端歩き」と軽蔑された。

 大佛次郎は「散歩について」という随筆で書いている。江戸時代には散歩など「はしたない」行為であった。ぶらぶら歩きは、遊び人か犬のすることでまともな大人のすることではなかった。身分制度の厳しい時代、そんな遊びは武士にも町人にも許されなかった。

 それなら、いつ散歩は始まったのか。大佛次郎によれば「散歩は、やはり西洋人が来て教えた」。散歩は近代…

この記事は有料記事です。

残り1819文字(全文2093文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  3. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  4. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  5. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです