メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの地平から

地域から紡ぐ歴史観=住友文彦

チッタプロサド「アジアから手を放せ」1950年、キラン・ナダール美術館蔵

 先月、インド・デリーで研究者や現場の実践者がアジアの美術について発表するフォーラムに招待された。入国できなかったパキスタンの研究者はインターネットの画面越しに発表をおこない、他にも赤道周辺地域の美術家を取り上げる芸術祭、アフリカと南アジアの交易史から生まれた美術作品、考古学者による植民地主義批判など、新鮮な視点を得られる貴重な時間を過ごした。注目すべきは、この企画をインドと台湾の文化財団が共同で主催していたことだ。緯度で測れば私が一番遠い所からの参加で、つまりこれはグローバルな地図の作成ではなく、同時代の美術とその言説をめぐる地域主義の試みといえる。

 会場のジャワハルラール・ネルー大学は寮の部屋代値上げに反対する学生のストライキ中で、学生の参加が少…

この記事は有料記事です。

残り714文字(全文1043文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 高齢女性が金づちで頭を殴られ搬送 男が逃走 大阪の路上

  4. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  5. 仙台ドン・キホーテに爆破予告 一時営業休止、買い物客ら避難 不審物見つからず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです