特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

首相答弁の不自然さ際立つ前夜祭 「桜を見る会」何が問題か 後編

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
今年の「桜を見る会」であいさつする安倍晋三首相=コラージュ
今年の「桜を見る会」であいさつする安倍晋三首相=コラージュ

 安倍晋三首相主催の「桜を見る会」問題で、もう一つ大きなキーワードとなっているのが首相後援会が主催した「前夜祭」だ。野党はその会計について公職選挙法違反や政治資金収支報告書への不記載があるとして追及している。常識に照らして不自然なことが多いからだ。内閣府が介在する桜を見る会と違い、首相を直撃する疑惑でもある。桜を見る会の本質を解説するシリーズの後編は、前夜祭の何が問題なのかをおさらいする。【大場伸也/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り3422文字(全文3637文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る