メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英首相「治癒に取りかかろう」EU離脱派、残留派の和解訴え 総選挙大勝で演説

英総選挙後、国民向けに演説するジョンソン首相=ロンドンの首相官邸前で13日、AP

 12日の英下院総選挙で大勝した与党・保守党を率いるジョンソン首相は13日、首相官邸前で国民向けに演説した。ジョンソン氏は「決着をつけ、(関係悪化の)治癒に取りかかるようすべての人に求める」と述べ、欧州連合(EU)からの離脱を巡る2016年の国民投票以降、激しくなったEU離脱派と残留派の対立に終止符を打ち、和解を進めようと呼びかけた。

 ジョンソン氏は、来年1月31日の離脱実現を有権者から負託されたとした上で「我々に投票せず、今もまだEUに残留したいと思っている人たちに言いたい。欧州の国々に対するあなた方の共感など肯定的な思いを我々は決して無視しない」と述べ、離脱後にEUと前向きで友好的なパートナーシップを築くと強調。選挙戦や議会の論戦での激しい口調は鳴りを潜め、融和の訴えを前面に出した。

この記事は有料記事です。

残り141文字(全文489文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

  2. 「末期症状」安倍政権に大打撃 黒川氏スキャンダル 検察も「出直し」

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. 秘密裏の法解釈変更許すのか 検察庁法巡り「周知必要ない」という政府の国会軽視

  5. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです