特集

気候変動

気候変動対策強化へ世界が動き始めました。日本も新たな目標を設定。地球を守るために何が必要でしょうか。

特集一覧

COP25、会期延び14日も交渉続く 「市場メカニズム」合意できるか

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 スペイン・マドリードで開催中の国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)は13日までの予定だった会期を延長し、14日も閣僚らによる非公式交渉が続いた。議論の焦点だった温室効果ガス削減量の実績を国の間で融通する「市場メカニズム」の実施ルールについて、閉幕までに最終合意できるかが注目される。

 市場メカニズムの導入を巡っては、ブラジルや中国、インドなどが2019年以前に認められた排出権を、来年1月から始める温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」下でも排出削減目標達成に算入することを要求。これに対し先進国など大部分の締約国は算入に反対しており、実施ルール策定を巡る交渉が難航している。

この記事は有料記事です。

残り183文字(全文479文字)

【気候変動】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集