メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大天狗、災いもはらって 群馬・迦葉山弥勒寺ですす払い

竹ぼうきで大天狗面にたまっだ汚れをはらう僧侶ら=群馬県沼田市上発知町で、2019年12月13日午前9時21分、畑広志撮影

 天狗(てんぐ)伝説のある迦葉山弥勒(かしょうざんみろく)寺(群馬県沼田市上発知町)で13日、年末恒例のすす払い「掃煤会(そうばいえ)」が行われた。僧侶らが「日本一の大天狗面」として知られる2体の天狗面をはらい清めた。

 読経に続いて作業が始まった。僧侶らはささの葉を取り付けた長さ約5メートルの竹ぼう…

この記事は有料記事です。

残り148文字(全文298文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、6月1日から「ステップ2」へ 劇場、モール、塾、ジムなど営業可能に

  2. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

  3. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  4. 北九州の感染拡大 菅官房長官「第2波が来たとは考えていない」 新型コロナ

  5. 縫製技術生かし医療用ガウン80万着 兵庫のかばん組合、経産省に直談判し受注

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです