イノシシハンター増えて 茨城県が“狩猟コンテスト” 女性対象の「狩りガール賞」も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
鼻を器用に使って、物を軽々と押しのけるニホンイノシシ=東京都日野市の多摩動物公園で2019年1月13日、梅田啓祐撮影
鼻を器用に使って、物を軽々と押しのけるニホンイノシシ=東京都日野市の多摩動物公園で2019年1月13日、梅田啓祐撮影

 茨城県は、狩猟で捕獲したイノシシの大きさを競う「イノシシ狩猟コンテスト」を初めて企画した。捕獲したイノシシの写真をもとに審査する。コンテストを通じ、狩猟の担い手を増やしたい考え。応募は来年2月21日まで。

 県内での狩猟者登録を行い、鳥獣保護区を除いた県内で捕獲する。わな猟か銃猟で捕獲した体長1メートル以上のイノシシが対象。個体の体長が分かるように金属製のメジャーを置いて撮…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文472文字)

あわせて読みたい

注目の特集