メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イノシシハンター増えて 茨城県が“狩猟コンテスト” 女性対象の「狩りガール賞」も

鼻を器用に使って、物を軽々と押しのけるニホンイノシシ=東京都日野市の多摩動物公園で2019年1月13日、梅田啓祐撮影

 茨城県は、狩猟で捕獲したイノシシの大きさを競う「イノシシ狩猟コンテスト」を初めて企画した。捕獲したイノシシの写真をもとに審査する。コンテストを通じ、狩猟の担い手を増やしたい考え。応募は来年2月21日まで。

 県内での狩猟者登録を行い、鳥獣保護区を除いた県内で捕獲する。わな猟か銃猟で捕獲した体長1メートル以上のイノシシが対象。個体の体長が分かるように金属製のメジャーを置いて撮…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文472文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  2. 大学爆破予告容疑で阪大院生を再逮捕 「恒心教」名乗り繰り返す? 警視庁

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. 三菱重工広島が初回に2点先制 松永、松原が連続適時二塁打 都市対抗

  5. 東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです