介助犬の役割、漫画で 必要な人1万人に実働65頭 協会、ウェブで公開

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
社会福祉法人「日本介助犬協会」のホームページ上で連載が始まった漫画「介助犬ライカ!」=日本介助犬協会提供
社会福祉法人「日本介助犬協会」のホームページ上で連載が始まった漫画「介助犬ライカ!」=日本介助犬協会提供

 身体障害者の自立や社会参加を支える介助犬をテーマにした漫画「介助犬ライカ!」の連載が、社会福祉法人「日本介助犬協会」(横浜市)のホームページで11月から始まった。2002年の身体障害者補助犬法成立から17年になるが、実働している介助犬は65頭しかおらず、普及は進んでいない。関係者は「漫画はスマートフォンでも気軽に読める。介助犬を広く知ってもらい、育成への支援の輪が広がれば」と話している。

 漫画は、親から育児放棄されて家出した少年が、犬に助けられたことをきっかけに介助犬の訓練士になることを決意。愛知県長久手市の「介助犬総合訓練センター(愛称・シンシアの丘)」で働き、ラブラドルレトリバーの「ライカ」(雄)とさまざまな問題を乗り越え成長していく人間ドラマだ。

この記事は有料記事です。

残り1007文字(全文1338文字)

あわせて読みたい

注目の特集