「離さへん!」再現 朝ドラ「スカーレット」舞台で松下洸平さんトークショー

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「スカーレット」のトークショーで自らが登場するシーンの映像を視聴し、はにかむ松下洸平さん=滋賀県甲賀市水口町水口のあいこうか市民ホールで2019年12月14日午後0時9分、成松秋穂撮影
「スカーレット」のトークショーで自らが登場するシーンの映像を視聴し、はにかむ松下洸平さん=滋賀県甲賀市水口町水口のあいこうか市民ホールで2019年12月14日午後0時9分、成松秋穂撮影

 滋賀県甲賀市信楽(しがらき)町を舞台にしたNHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」で、十代田(そよだ)八郎役を務める松下洸平(こうへい)さん(32)が14日、同市水口町水口のあいこうか市民ホールで開かれた「スカーレット」のトークショーに登場した。県内外から訪れた約600人を前に松下さんは「これからもいろんなことが起きます。一筋縄ではいかないスカーレットの世界に入って、引き続き楽しんでもらえれば」と語った。

 9月に放送が始まった「スカーレット」は、信楽で陶芸の世界へ飛び込む女性・川原喜美子の波瀾(はらん)万丈の人生を描く作品。第8週から登場した八郎は、喜美子の陶芸と人生に大きな影響を与える若い陶工で、その素朴な魅力にはまって抜け出せないことを表す「八郎沼」という言葉も視聴者の間で生まれ話題を呼んでいる。

この記事は有料記事です。

残り710文字(全文1066文字)

あわせて読みたい

注目の特集