子供らに「補助犬知って」 シンシア主人公の紙芝居も 兵庫・宝塚でシンポジウム

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 兵庫県宝塚市の市立中央図書館で14日、「第21回身体障害者補助犬シンポジウム」が開催され、約150人が参加した。補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)について子どもたちや若い世代に知ってもらおうと、今回は介助犬による実演に加え、紙芝居や音楽演奏も披露され、家族連れらが楽しんだ。

 宝塚市、同市教委、毎日新聞阪神支局の主…

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文353文字)

あわせて読みたい

注目の特集