特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

体操豊田国際 白井健三、オープン参加で半年ぶりの実戦

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子床運動、白井健三の演技=愛知県豊田市の豊田市綜合体育館で2019年12月14日、宮間俊樹撮影
男子床運動、白井健三の演技=愛知県豊田市の豊田市綜合体育館で2019年12月14日、宮間俊樹撮影

 種目別で競う体操の豊田国際競技会が14日、愛知県の豊田市総合体育館で開幕し、男子の床運動は谷川翔(順大)が14・600点で初優勝を果たした。オープン参加の白井健三(日体大大学院)は14・500点だった。あん馬では橋本大輝(千葉・市船橋高)が15・033点で初制覇。つり輪は神本雄也(コナミスポーツ)が14・733点で3年ぶり2回目の優勝。女子は畠田瞳(セントラルスポーツ)が段違い平行棒と跳馬で3位に入った。

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文754文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集