メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

埼玉コレがスゴい

番外編 明治期の「本庄遷都論」 渋沢栄一が助言か 竹並さん現代語訳「パリ万博で同時期に滞在」 /埼玉

「本庄遷都論」を現代語訳した冊子を手に持つ竹並万吉さん=埼玉県本庄市で

 以前にこの欄で紹介した明治期の「本庄遷都論」を唱えた佐野常民(つねたみ)・元老院元議長の意見書を、発掘者の手塚豊慶応大法学部教授(故人)の教え子で元県議、竹並万吉さん(80)が現代語に訳して冊子にまとめた。それを見ると佐野がいかに本庄を高く評価していたかがはっきりと分かる。遠く離れた佐賀出身の佐野がそう考えた背景には「幕末期に共にパリ万博に参加した渋沢栄一から本庄の話を聞いたからではないか」と竹並さんは推測する。【松下英志】

 竹並さんが意見書の存在を知ったのは、慶応大経済学部2年だった1961年6月。同大のサークル「ドイツ…

この記事は有料記事です。

残り1178文字(全文1443文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  3. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

  4. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

  5. 怒る国民、焦る習主席 力任せの「武漢封鎖」に国内で摩擦も 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです