メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風被災、ライブで支援 ファンキー加藤さんら、あすから八王子エイド /東京

[PR]

 台風19号で大きな被害に見舞われた八王子市内で16~17日、市ゆかりのミュージシャンらによるチャリティーライブ「八王子エイド」が開かれる。ヒップホップグループ「ファンキーモンキーベイビーズ」元メンバーで市出身のファンキー加藤さん(40)が呼びかけ、共感した仲間たちと開催にこぎつけた。

 参加するのは、同グループの元メンバーで市在住のモン吉さん、歌手のアヤ・エイトプリンスさん、八王子観光PR特使も務めるバンドのフラチナリズム、ニューロティカなど。ファンモンは、多くの楽曲で八王子の情景を歌ったり歌詞に地名を登場させたり、広く地域の存在を発信してきた。13年の解散後、市から感謝状も贈られた。

 八王子は10月、台風19号で民家への土砂流入など土砂災害161件、道路冠水93件が発生した。ファンモンのヒット曲「ちっぽけな勇気」で河川敷の光景が描かれた多摩川支流の浅川も氾濫した。加藤さんは、台風の八王子通過時、モン吉さんらに連絡をとって無事を確認したという。だが、被害の映像をテレビで見て「八王子は災害に強いという先入観があった。見慣れた景色たちが濁流にのまれる様子に非常に驚き、胸が痛んだ」と振り返った。

 「自分たちにできることをしよう」との加藤さんの呼びかけに、地元の音楽仲間らが賛同、無償での参加を表明してくれた。収益金は経費を除いた全額を義援金にする。

 ライブ会場は同市三崎町の「Match Vox」で、両日とも18時半開場。チケットは完売している。加藤さんは「つながることで生まれる温かさや心強さを、多くの人とわかちあいたい。できることはちっぽけかもしれないが、精いっぱい支援したい。今はつらくとも、もう少しだけ踏ん張って」と思いを込める。【野倉恵】

〔都内版〕

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです