メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私立中高、学費値上げ広がる 教育環境の充実理由 消費増税、影響も /東京

 都内の私立中学校・高校で、来年度から授業料や入学金などの学費を引き上げる動きが広がっている。都のまとめでは、中学校は181校のうち41校(前年度比15校増)、高校は231校のうち53校(同13校増)が値上げする見通しだ。多くの学校が教育環境の充実を理由に挙げるが、10月の消費税増税の影響もあるとみられる。【大久保昂】

 国学院久我山中学高校(杉並区)は中学、高校ともに8万7400円(10%)の値上げに踏み切る。改定は05年度以来15年ぶりだ。同校は「タブレットを使った授業の展開や、老朽化している校舎の改修などに費用が必要」と理由を説明する。

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文707文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  3. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです