メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと・しずおか

デジタル技術で遊び場提供 プレースホルダ社長 後藤貴史さん(34) /静岡

後藤貴史さん

 砂をいじると砂場に青い海や白い雪山が出現し、滑り台を滑れば床に流れ星が流れる――。AR(拡張現実)やVR(仮想現実)などデジタル技術を使った遊び場「リトルプラネット」が10月に「ららぽーと沼津」にオープンした。全国7店目。その運営会社、プレースホルダ(東京都品川区)の社長だ。静岡には初進出で地元への貢献をと即決した。

 スクリーン上のピザやケーキを人数分に切り分けるアトラクションは沼津が第1号。「入場者数は目標の150%。満足度調査でも93%の人が『とても満足』『満足』と答えてくれた。とても好調なスタートを切れました」

この記事は有料記事です。

残り802文字(全文1064文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  2. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  5. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです