メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都・読書之森

共に生き、共に育つ /京都

 <活字を楽しむ>

 (徳田茂著 ミネルヴァ書房、2000円(税抜き))

 著者は、石川県の障害児通園施設「ひまわり教室」の創設者である。半世紀近く、障害児保育の現場から社会の壁を無くす実践活動を続けている。出会って一番驚いたのは、まず一切の「権威」「専門」を疑う姿勢だった。子どもたちと向かい合い、「体全体を通しての理解」を何よりも大切にする人だった。差別や偏見にある本質を見抜き、「本当の豊かさとは何か」を追求してきた実践記録だ。

 著者と出会ったのは、1980年に初任地・金沢支局(当時)に赴任して間もなくのころだった。松任市(現白山市)が「財政難」を理由に重度障害児の保育拒否方針を打ち出し、著者や保護者たちが反対運動に立ち上がったことを取材し、記事化した。市は方針を撤回した。以来、毎月発行の「ひまわり教室だより」の読者になった。

この記事は有料記事です。

残り753文字(全文1120文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 河井案里氏1.5億円にざわつく自民 下村氏「総裁か幹事長の判断」

  4. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです