メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なくそう心の段差

身体障害者補助(盲導・介助・聴導)犬法17年 紙芝居で分かりやすく 役割や仕事ぶり披露 宝塚 /兵庫

シンポジウムで行われた兵庫介助犬協会のデモンストレーション=宝塚市で、望月亮一撮影

 宝塚市立中央図書館(同市清荒神1)で14日にあった「身体障害者補助犬シンポジウム」(市、市教委、毎日新聞阪神支局主催)。21回目の今回は「こんにちは 介助犬」をテーマに、介助犬シンシアを主人公にした紙芝居の上演やデモンストレーションなどを通じて、障害者を支える補助犬の役割を、参加した子どもたちにも分かりやすく伝えた。【川畑さおり、生野由佳、土居和弘】

 不特定多数の人が利用する施設などに補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)の受け入れを義務付けた身体障害者補助犬法が成立したのは2002年。法成立に貢献したのは、車椅子利用者で「日本介助犬使用者の会」会長の木村佳友さん(59)=宝塚市=の初代介助犬シンシアだった。

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文731文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  3. 「郵便局や銀行は潰れる」不安に駆られジャパンライフに退職金投入 後悔の日々

  4. 「縦割り110番」にメール3000通 河野氏、反響大きく受け付け一時停止

  5. 安倍前首相の師、加藤節さんが嘆く哲学の欠如 前政権で始まった「政府の暴走」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです