メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

「最長政権」に求められるもの 「自己修正力」を遺産に=中西寛・京都大教授

=北山夏帆撮影

中西寛(ひろし)・京都大教授

 安倍政権は先月、憲政史上最長の政権となった。その歴史的評価は将来の歴史家に委ねられるが、自民党総裁の任期延長がない限り、残り2年を切った政権の遺産を考えることは、残任期間の課題を考える上でも無駄ではないだろう。

 2012年末に始まった第2次政権以前に、ほぼ1年ごとに6人の首相が入れ替わった混乱状態を振り返れば、現政権が日本の政治外交に安定をもたらしたことは特筆すべき功績といって良いであろう。

 リーマン危機後の不況、東日本大震災、世界経済第2位の地位の喪失、外交関係の不調などによって日本人は…

この記事は有料記事です。

残り1502文字(全文1764文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 新型肺炎「中国の感染者は推計5502人」 北大チーム、数百人は過小評価と分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです