メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

CO2増えたらいけないの? 地球温暖化進む原因 化石燃料の使用で排出=回答・大場あい

煙突から煙が上がる米ウエストバージニア州の石炭火力発電所=清水憲司撮影

 なるほドリ 大気中の二酸化炭素(にさんかたんそ)(CO2)濃度(のうど)が過去最高になったって聞いたよ。

 記者 世界気象機関(せかいきしょうきかん)によると、昨年のCO2濃度は約0・04%で、一貫(いっかん)して増え続けています。太陽光に温められ地表(ちひょう)から出た赤外線を吸収(きゅうしゅう)し、熱をためる性質の気体を「温室効果ガス」と呼びます。その大半をCO2が占めていて、大気中に含まれる割合はわずかでも、濃度が増加すると地球温暖化(ちきゅうおんだんか)が進みます。

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文815文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです