メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界経済・見て歩き

ロンドン 国際酒類品評会 焼酎の香り、海越え メーカー攻勢、ニーズ開拓

品評会で参加者に「だいやめ」を勧める浜田酒造の浜田光太郎さん(右)=ロンドンで

 海外で「ジャパニーズ・サケ」と呼ばれるなど日本酒の国際的な知名度が高まる中、同じく日本各地で古くから親しまれてきた焼酎は海外で存在感が低いままだ。だが、作り手たちの意識は変わりつつあり、欧州では新しい焼酎の楽しみ方を提案する店も出てきた。「ジャパニーズ・スピリッツ(蒸留酒)・Shochu」を世界に広めようと試行錯誤する挑戦者たちをロンドンで訪ねた。

 「すっきりして、まとわりつくことがない。レストランで楽しみたい味ね」。英中部ヨークで酒類関連会社に勤めるソフィー・パシュリーさん(23)が浜田酒造(鹿児島県いちき串木野市)の芋焼酎「だいやめ」を口に含むと、笑顔でこんな感想を漏らした。11月28日にロンドン中心部で開かれた国際酒類品評会「インターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティション(IWSC)」での一コマだ。ロンドンは国際的に知名度の…

この記事は有料記事です。

残り1505文字(全文1881文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

  3. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

  4. 公営ギャンブル「1000万円以上の的中」徴税強化へ レース実施者、ネット購入情報提供へ

  5. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです