メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

東洋水産 赤いきつね お稲荷さん→鳥居といえば…

 大手食品メーカーの東洋水産。前身の横須賀水産が1953年、冷凍マグロの輸出や国内向け水産物を取り扱う仲卸業者として築地市場内で創業したのが起源だ。魚肉ソーセージなどの加工を始めた56年、「日本を飛び越え東洋一に!」の願いで改称したとされる。

 即席麺の発売は61年。夏が需要期のソーセージを補う冬場の商品を探し「魚肉を練る技術が小麦に応用できる」即席麺にたどり着いた。丸の中に社名の頭文字を入れた「マルト」マークだったが、親しみやすくするため、子供の笑顔を題材にした「マルちゃ…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文597文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲・中川部屋、師匠の暴力行為で閉鎖へ 行き過ぎた指導か

  2. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  3. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  4. 東京の感染者、「夜の街」関連110人 新宿でのアイドル舞台で10人感染「クラスター」か

  5. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです