土砂投入1年 辺野古撤回「諦めない」 反対続ける地元男性

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
閉店した金物店の壁に辺野古区民の反対運動の写真を張った西川征夫さん=沖縄県名護市辺野古で2019年12月10日、平川昌範撮影
閉店した金物店の壁に辺野古区民の反対運動の写真を張った西川征夫さん=沖縄県名護市辺野古で2019年12月10日、平川昌範撮影

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県内移設計画で、政府が名護市辺野古沿岸部に土砂を投入し始めてから14日で1年。政府は埋め立てを進めることで「既成事実化」を狙うが、県の試算によると、これまでに投入された土砂は埋め立て予定海域全体のわずか1%。辺野古移設に反対する人たちは「諦めない」と前を向く。

 辺野古で10月末、小さな金物店が看板を下ろした。経営していた西川征夫(いくお)さん(75)は、がらんとした店の壁いっぱいに辺野古区の住民によるこれまでの移設反対運動の様子を収めた写真を張った。「私は諦めない。ここから声を上げ続ける」

 西川さんが「辺野古金物店」を開いたのは、辺野古が移設先に浮上した翌年の1997年4月。塗装業を営んでいたが、市内に金物店が少なく、業者を中心に需要があると見込んだ。一方で、その3カ月前の1月には区民約30人で移設に反対する「命を守る会」を結成。初代代表として運動を引っ張り、約22年の店の歴史は反対活動の歴史と重なる。

この記事は有料記事です。

残り658文字(全文1084文字)

あわせて読みたい

注目の特集