メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

花園へのワンチーム

全国高校ラグビー/5止 倉敷/青森山田 押し寄せる「国際化」 異文化触れ、人生豊かに

モールの練習に取り組む倉敷のラリー・ルーテル選手(手前)ら=岡山県倉敷市で2019年12月6日、長宗拓弥撮影

 部員はまだ7人。しかし、その中に外国人留学生がいる。今春にラグビー部を創部したばかりの倉敷(岡山)。今年は大会には出場できなかったが、花園出場を目指す土台作りの段階で「国際化」へと踏み切った。

 陸上部の男子は昨年の全国高校駅伝で2年ぶり2回目の優勝。ラグビー部の強化にも力を注ごうと、江(ごう)の川(島根、現石見智翠館(いわみちすいかん))と尾道(広島)を強豪に育てた梅本勝監督(56)を招いた。

 部員は全て1年生で、4人が高校からラグビーを始めた。経験者が集う前任の2校とは違い、基礎の反復練習に時間を割く日々だ。そんな中で、梅本監督は30年近い指導歴で初の留学生を迎えた。

 ニ…

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文879文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 「首相、今井、佐伯で決めていたやり方がらっと変わる」 キャリア官僚の本音 菅政権で沈む省庁

  4. SNSで横行する住所「特定屋」 その手法とは… ストーカー事件など犯罪に悪用も

  5. 「俺はつくる。ぶち壊すのは河野氏」 菅首相の「破壊者」登用、麻生氏と利害一致

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです