メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

#いだてん最高じゃんねぇ 数字より記憶に残る「クドカン」大河

NHK大河ドラマ「いだてん」の主役をリレーで務める2人。前半で金栗四三を演じる中村勘九郎さん=NHK提供

 NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」が15日放送分で最終回を迎えた。裏番組の「世界の果てまでイッテQ!」「ポツンと一軒家」が好調なこともあって、視聴率は低空飛行が続いたが、見続けた人にとっては、回ごとに、凝りに凝った見せ場があり、「神回」の連続を楽しむことができた。

 ツイッターではハッシュタグ「#いだてん最高じゃんねぇ」を付けた感想が多数書かれていて、見続けた「同志」の書き込みに「そうだったなあ」と納得しながら、1年間のドラマを思い出している。

 大河ドラマは時代劇がどうしても多くなり、近代を扱うのは異例なこと。しかも、戦前から戦後を描くとなると、戦争をどう表現するかに注目が行く。そして、それがエンタメ、ドラマとして成立するか、視聴者の共感を得ることができるか。そこが「いだてん」の目標だったのだろう。

この記事は有料記事です。

残り994文字(全文1355文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・北区の2店舗でクラスター、18人感染 ナイトクラブは店名公表拒否

  2. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  3. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  4. 兵庫・淡路市が江戸初期の寄贈住宅取り壊し検討 子孫「壊さないで」と反発

  5. 「看護師病欠多く、おかしい…」 多数感染・台東区の病院職員が感じた異変

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです