警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
警視庁=米田堅持撮影
警視庁=米田堅持撮影

 警視庁は15日、町田署の男性警部補(49)が東京都町田市内のコンビニエンスストアのトイレに拳銃を置き忘れた事案が発生したと明らかにした。客が拳銃に気づき、1時間45分後に警察に届けられた。拳銃には5発の実弾が入っていたが、使用された形跡はないという。

 警視庁人事1課によると、男性警部補は15日午前8時半ごろ、コンビニの男性…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文408文字)

あわせて読みたい

注目の特集