メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関電金品受領問題 後任社長人事にも影響 調査次第で「候補者全滅」も

関電幹部らによる金品受領問題の経緯

 関西電力は、第三者委員会の調査結果報告に合わせて辞任する岩根茂樹社長の後任について、副社長ら6人の生え抜き取締役から選ぶ社内手続きを始めた。

 手続きを進めているのは、社外取締役4人と岩根社長、森本孝副社長をメンバーとする人事・報酬等諮問委員会。関係者によると、今月8日に開かれた会合で、森本副社長や稲田浩二副社長ら6人が候補として提示され、既に面接も終えたという。いずれも原子力部門とつながりが薄く、社内調査で森山氏からの金品受領は確認されていない。

 ただ、6人はいずれも昨年10月に開かれた社内の研修会で問題の概要を知ったとみられる。第三者委の但木…

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文750文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. 第74回毎日映画コンクール 大賞に「蜜蜂と遠雷」 美しい映像で音楽表現 優秀賞「新聞記者」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです