メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国立競技場「一足先に入ってみた」 客席は上に行くほど急になる仕組み

 3年の歳月を経て産声を上げた「杜(もり)のスタジアム」。15日の報道向け内覧会で、全貌に迫るべく4時間かけて歩いた。

 地上5階、地下2階建ての国立競技場。午後1時半、全体を見渡せる4階席へ向かった。1階から階段で上ると徐々に息が上がる。席からスタジアムを眺めると、意外にも臨場感があった。

 客席は3層に分かれ、4階は3層目。傾斜の角度は1層目が20度、2層目が29度、3層目が34度で、上に行くほど急になる仕組みだ。運営する日本スポーツ振興センター(JSC)によると、34度は札幌市の大倉山ジャンプ競技場にあるジャンプ台とほぼ同じ斜度。JSCの担当者は「旧国立は平らなお皿状だったが、この競技場はすり鉢状」と説明する。トラックから客席までの距離は1階最前列まで約15メートルあるが、上…

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文858文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  2. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  3. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

  4. 安倍氏の地元も「答弁、何だったのか」 「桜を見る会」補塡に疑問の声

  5. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです