メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

早大、敗戦にも「人生で一番楽しい瞬間」…挑戦は続く 甲子園ボウル

【関学大-早大】第3クオーター、早大WRブレナン(中央)がパスを受けてタッチダウン=阪神甲子園球場で2019年12月15日、望月亮一撮影

 追いかける差を13点に広げられても、早大の攻撃陣に焦りはなかった。第3クオーター5分8秒、相手陣15ヤードの攻撃でQB柴崎の投じたエンドゾーン右隅へのパス。WRブレナンは相手2人に挟まれながらジャンプして手を伸ばし、「ボールをつかめたら自分のもんだ」と手放すことはなかった。

 チームを何度も救ってきたホットラインによる反撃のTD。さらに同14分28秒、同じコンビで29ヤードの同点TDパスを決め、キッカー高坂のキック成功で勝ち越した。この場面を柴崎は「人生で一番楽しい瞬間だった」と表現した。

 関学大との前回大会では、柴崎は第1クオーターからパスミスを重ねた。雪辱を期したこの日、第3クオーターまでは第3ダウンでのパスを11回中10回成功させ、過去2回の大会でTDのなかったブレナンは大会タイ記録の3TDレシーブ。2人も、チームも、昨年より数段成長した姿を見せた。

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文633文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  3. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  5. 「Hey!Say!JUMP」伊野尾さんがコロナ感染 他メンバーは陰性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです