イチローさん提出リポート「自らも反省したい」 学生指導者研修会を修了

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「学生野球資格」を回復するための研修会を受講するイチローさん=東京都豊島区で2019年12月15日(代表撮影)
「学生野球資格」を回復するための研修会を受講するイチローさん=東京都豊島区で2019年12月15日(代表撮影)

 プロ野球経験者が学生野球指導者になるための資格回復研修会の最終日は15日、東京都内で行われ、プロ野球のオリックスや米大リーグのマリナーズなどで活躍し、今年3月に現役を引退したイチローさん(46)=本名・鈴木一朗=ら125人に修了証が授与された。修了者は来年2月7日の日本学生野球協会の適性審査で資格回復が認められれば、翌8日から指導が可能になる。

 この日の研修は午前9時から午後3時過ぎまであり、参加者は指導における教育的配慮などの座学の講義を受けた。関係者によると、イチローさんが提出したリポートには、達筆な字で「今までの経験を踏まえ、プロとアマチュアの関係も含めて現状球団をより良くする一助になれば」「教育の面で大切なことを知ることができた。自らも反省したい」などと記されていたという。

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文585文字)

あわせて読みたい