メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの扉

野々村仁清 色絵鳳凰文共蓋壺 表現意欲、隅々まで

江戸時代前期 重要文化財 出光美術館蔵

色絵鳳凰文共蓋壺(いろえほうおうもんともぶたつぼ)

 あでやかに埋め尽くす文様が高さ45・4センチの大きなつぼを一層大きく見せている。色絵陶器の傑作といわれる作品。四方にある窓枠には、さまざまな姿態の鳳凰(ほうおう)が描かれ、輪郭に用いられた金色が展示室の照明の下で鈍く光る。悠々となびかせた尾がなんとも魅力的だ。

 装飾はふたのつまみまでびっしりと施されるが、決してうるさくはない。黄色みを帯びた白い化粧土が全体を…

この記事は有料記事です。

残り722文字(全文928文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  3. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 平手友梨奈さん「欅坂46」脱退を発表 佐藤詩織さんは一時休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです