メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

信長-SAMURAI 適材適所で描く戦国の衝突=評・斉藤希史子

(上から時計回りに)ルジマートフ、蘭黄、岩田=写真家・瀬戸秀美撮影

 「NOBUNAGA」(信長)役はロシアの伝説的バレエダンサー、ファルフ・ルジマートフ。露ニジニノブゴロド国立歌劇場副総裁の岩田守弘が「秀吉」にふんし、「道三」と「光秀」の2役を日本舞踊の藤間蘭黄が務める。4年前に東京で初演。今年初めに「ロシアにおける日本年」事業の一環としてモスクワなど3都市で成功を収め、今回は凱旋(がいせん)公演という位置づけだ。異分野と交流し、舞踊の可能性を広げる蘭黄の熱意で実現した。

 幕開けは、信長としゅうと道三が初めて対面する正徳寺の場。婿を「うつけ」と侮っていた道三がその器に圧…

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文809文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  4. 徳勝龍の母、優勝は「ドクターイエローのおかげかも…」

  5. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです