メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

災害への備え

東京都世田谷区に設置されている土のうステーション=16日、高山祐撮影

 自宅から1キロほど離れた東京都世田谷区の施設の脇をのぞくと、それはあった。「土のうステーション」と書かれた青いシートに包まれたカゴ。中には土のうが積まれている。選挙の投票などでよく訪れる施設だが、自由に持ち出せる土のうがあることすら知らなかった。

 気付いたきっかけは、水害対策を区に訴えてきた樋内優子区議(無所属)に話を伺ったことだ。10月の台風19号で、区内で…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  3. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  4. ライブハウス自粛影響調査 困窮浮き彫り 札幌のバンド有志「他業種が声上げるきっかけに」

  5. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです