メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

常総市防災訓練に1500人 外国人も安全に避難を クイズで学ぶブースなど設置 /茨城

外国人のための防災ブースで、防災知識を学ぶブラジル人女性ら=茨城県常総市立水海道中で

 常総市で15日、市民も加わった防災訓練があり、約1500人が参加した。市民参加の防災訓練は関東・東北豪雨(2015年9月)以来3回目。今回は多数暮らす外国人も安全に避難できるようにと、外国語の受付用紙を作り、防災を学んでもらうコーナーを設置した。

 震度6弱の地震が発生した想定で、住民が避難所に向かう訓練などを行った。各避難所の受付で記入してもらう用紙には、ボルトガル語版も作成。記入欄の説明に「Nome(氏名)」「Carro(乗り入…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文546文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

  2. 元TOKIO山口達也容疑者を現行犯逮捕 酒気帯びでバイク運転の疑い

  3. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  4. 同性愛が処罰された時代に描かれたゲイアート「トム・オブ・フィンランド」 大使館が発信するまでの歴史

  5. 検証プラス・新型コロナ 遅い政策、消えた「味」 コロナ倒産500件、中小企業に打撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです