メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高岡御旅屋 元和9年以前に創建 市立博物館所蔵、古文書で判明 /富山

高岡御旅屋の記述がある飯田家文書=高岡市立博物館提供

 江戸時代、加賀藩主がタカ狩りや視察、参勤交代の際に宿泊や休憩のために使用した「高岡御旅屋(おたや)」の創建が、1623(元和9)年以前であることが明らかになった。高岡市立博物館(同市古城)が所蔵する古文書「飯田家文書」を調査した結果、同年2月付の年貢率通知書の中に「高岡御旅屋」の記述があった。古文書は1月13日まで、同館で展示中。

 高岡御旅屋は、現在の同市御旅屋町付近にあり、町名の由来となっている。古地図には約3万5000平方メ…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文490文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 新型肺炎「中国の感染者は推計5502人」 北大チーム、数百人は過小評価と分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです