メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと@あいち

名古屋市立大教授・松本佐保さん(54) /愛知

松本佐保さん

 「日本にキリスト教カトリック信者は40万人あまりしかいないのに、フランシスコ・ローマ教皇は、大きなインパクトとメッセージを残していった。まるでロックスターのようでした」

 38年ぶりに来日したローマ教皇を自宅のある名古屋から長崎、広島、東京へと追いかけた。フランシスコ教皇が降り立った11月23日夕、勤務先の名古屋市立大学であった推薦入試の仕事を片付けて最終の新幹線に飛び乗り、24日午前0時過ぎに長崎へ。「嵐の4日間だった」と振り返る。

 ローマ教皇庁に詳しい国際政治学者として20年前からバチカンに通い詰め、今や現地の機密文書館への年間通行許可証が発行される。ローマ市内の一角にあるバチカンは世界最小の独立国でありながら世界に13億人の信者がいるカトリック教会の総本山だ。教皇来日は1981年に史上初めて訪日したヨハネ・パウロ2世以来で、間近で会うことができる千載一遇のチャンスだった。

この記事は有料記事です。

残り787文字(全文1181文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  3. 脱走17日目、サーバルキャットを捕獲 飼育の家から約1キロ 静岡

  4. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  5. 特集ワイド 新型コロナ、都内感染再拡大の危機 今が踏ん張りどころ 東京都医師会・尾崎治夫会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです