メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場から

大阪産(もん)、世界に照準 G20で注目 府、PR強化へ物産展 /大阪

認証された大阪産名品を試食するハイヒールモモコさん(右)ら=大阪市で、芝村侑美撮影

 「天下の台所」とも呼ばれる大阪。6月に大阪市内で開かれた主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)では、大阪産の食品が多く使われ、改めて注目を集めた。府では、大阪を代表する加工食品を「大阪産(もん)名品」として認証したり、海外販路の拡大のための取り組みを行うなど、国内外へのPRを続けている。

 6月のG20では首脳の夕食会などに、河内鴨(かも)やなにわ黒牛、泉州水なすや泉州玉ねぎなど、多くの大阪産の食品が使われた。府によると、G20前の今年5月と開催後の7、8月を比べると、河内鴨の売上が50%アップ。なにわ黒牛も贈答商品が30%アップするなど、人気が高まったことがうかがえる。

 日本貿易振興機構(ジェトロ)が行った「知っている日本の産地名、地域ブランド」の調査では、シンガポールで聞いたところ、2013年には大阪は「その他」でランクインしなかった。19年は北海道、東京に次いで3番目と、都市として知られてきた。しかし、府は「海外でも北海道は『チーズや牛乳』と結びつくが、大阪は食品の産地としてのブランド力がまだ弱いのが課題」と話す。

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文980文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  2. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. 菅氏「マスクが出回っているか確認」 「週1億枚供給」も品薄続く

  5. 「どうなっているの」 衆院予算委の政府答弁、与党からも指摘相次ぐ 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです