メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まほろば再発見

布留遺跡(天理市) 浮かぶ物部氏の権勢 /奈良

天理参考館で展示されている布留遺跡の円筒埴輪や朝顔形埴輪。さまざまな形状の透かし穴が多数あけられている=、奈良県天理市で大森顕浩撮影影

 奈良盆地東部の山際に広がる布留(ふる)遺跡(天理市)は、天理教教会本部を中心に南北1・5キロ、東西2キロに及ぶ大規模な集落遺跡だ。5世紀代の首長の居館(邸宅)や大型倉庫、祭祀(さいし)遺構などがあり、工房の存在もうかがえる。古代豪族・物部(もののべ)氏の拠点遺跡とされ、遺物などから当時の権勢が垣間見える。【大森顕浩】

 天理大学付属の博物館施設・天理参考館には、布留遺跡を紹介するコーナーがあり、出土した円筒埴輪(はにわ)や、頂部が開く形状の朝顔形埴輪が展示されている。半円形や三角、四角などの形状の透かし穴が多数空けられ、赤と白の彩色もあるという。同館の日野宏学芸員は「非常に特殊な埴輪。祭祀の場所を区画するために用いられた後、一括投棄されたものです」と解説する。

この記事は有料記事です。

残り1332文字(全文1666文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都にチクリ? 菅官房長官、コロナ再拡大は「東京問題」

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  5. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです