連載

学校とわたし

著名人が自身の学校生活を振り返ります。喜びや悩み、思い出がいっぱい。

連載一覧

学校とわたし

創造性培った中高の寮生活=シンガー・ソングライター兼小説家 黒木渚さん

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
黒木渚さん=神谷美寛さん撮影、ラストラム・ミュージックエンタテインメント提供
黒木渚さん=神谷美寛さん撮影、ラストラム・ミュージックエンタテインメント提供

黒木渚(くろき・なぎさ)さん

 中学・高校は中高一貫の私立進学校でした。親元を離れて6年間、寮生活を送りました。テレビや漫画は禁止。流行曲を聴くのも許可されません。平日はもちろん、週末や長期休暇に実家へ帰省している間も膨大な量の課題に追われる生活でした。自動販売機で甘い飲み物を買った生徒をしかるような教師もいて、今振り返ると特殊な環境でした。ただ、教師や環境に反発してもどうしようもなかったし、「そんなものだ」と従順に過ごしました。

 娯楽といえば、学校の図書館。寄贈本や画集のコーナーに足しげく通い、(芥川賞作家の)吉村萬壱さんの刺激的な小説やサルバドール・ダリの画集などを開いては、見てはいけないものを見てしまったような感覚を楽しみました。自宅から通う友人に漫画の「あさきゆめみし」や「のだめカンタービレ」の単行本を、先生に見つからないようにこっそり1冊ずつ借りて夢中になって読みました。巻の途中までしか手に入らない時は、物語の続…

この記事は有料記事です。

残り631文字(全文1047文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集