メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊サラダぼうる・山田祐一郎

つるつる道をゆく やわらかさに幸せ

「ちとせ」の伊勢うどん。丸みがあって、ぽっちゃりとした麺が可愛らしい=筆者撮影

 ふわふわとやわらかな食感の太い麺、そして真っ黒なタレ。日本中、どこを探しても伊勢うどんほど個性的なうどんは存在しないのではないか。

 伊勢うどんの麺はおよそ1センチほどの極太だ。一般的なうどんに比べて優に倍はあるため、普通に考えると、かなり強い弾力をイメージするが、実際の食感は唇で切れるほどやわらかい。想像の正反対をいくうどんだ。

 極太麺を使うつけ麺の場合、麺の風味を味わってほしい、濃厚なつけ汁に負けないインパクトを麺に持たせたいといったような狙いがあるわけだが、伊勢うどんの場合、全く別の理由があった。

この記事は有料記事です。

残り900文字(全文1154文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボンドのスタイル決定づけ 深みと陰影の演技派に脱皮 ショーン・コネリーさん死去

  2. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  3. 埼玉でも無許可で豚解体容疑 ベトナム人を再逮捕へ 盗難家畜の違法処理横行か

  4. 余録 映画「007」シリーズの第2作、「ロシアより愛をこめて」は…

  5. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです