メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

プライドを捨てて 兵庫県姫路市・朝見房子(主婦・77歳)

 ダイエットで悩んだときもあったのに、後期高齢者になった頃から、徐々に食が細くなったのを自覚する。たまに外食をしても、1人前は絶対に食べ切れないので、夏を除いては、持ち帰り用のビニール袋を持参している。

 最近、夜も眠れないほどのせきに苦しみ、アレルギー性の肺炎と診断された。原因は不明だという。その上、いつの間にか味覚障害に陥ってしまった。苦みが強かったり、辛すぎたり甘すぎたり感じるので、食欲はあるのに食べられない。大量の薬を飲んでいるので、砂をかむような味を我慢しなが…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文592文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 武漢滞在の日本人にチャーター機準備へ 新型肺炎で政府

  3. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  4. 亡き2人にささげる初優勝 徳勝龍、恩師は近大時代の監督と北の湖

  5. 副業に励む医学部教授ら 国公立の15人に製薬マネー1000万円超 18年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです