メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウズベキスタン 脱「鎖国」で観光客急増 受け入れ態勢には課題も

世界遺産の一部であるグーリ・アミール廟(びょう)の周辺は、多くの観光客でにぎわっていた=ウズベキスタン中部サマルカンドで2019年11月21日、前谷宏撮影

 「青の都」とも呼ばれるサマルカンドなど、東西文明の十字路として知られる中央アジアのウズベキスタン。強権支配を続けたカリモフ前大統領の死後、ミルジヨエフ大統領が脱孤立主義に取り組む。観光客のビザ免除制度も導入し、2018年は外国人観光客数が534万人と1年で倍増。シルクロードの歴史遺産を経済成長の起爆剤にしようと意気込む現場を訪ねた。【タシケントで前谷宏】

この記事は有料記事です。

残り2260文字(全文2439文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

  2. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  3. 「武漢 加油!」マスク、ゴーグル、ゴム手袋…緊急援助物資、中国へ続々 新型肺炎

  4. 帰国者の今後 症状ない人もウイルス検査へ 検疫体制さらに特別対応

  5. 「500万人が外に出た」新型肺炎で封鎖の武漢市長明かす 成田に9000人移動か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです