メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国国営テレビ、アーセナル戦放送中止 エジル選手のウイグル族弾圧批判で

アーセナルのエジル選手=AP

 中国国営・中央テレビは16日未明に予定していたイングランド・プレミアリーグのアーセナル対マンチェスター・シティー戦の放送を中止した。アーセナル所属選手がツイッターで中国では「(イスラム教の聖典)コーランが焼かれ、(礼拝所の)モスクが閉鎖されている」などと批判したことへの報復とみられる。

 投稿したのは、イスラム教徒でトルコ系の元ドイツ代表MFメスト・エジル選手。欧米メディ…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文469文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 議場ではなく「劇場」にいるかと… 新人総理番が見た「代表質問」

  4. トランプ氏は「国家にとって有害」 NYタイムズ匿名寄稿 元高官名乗り出る

  5. 詐欺手口、原点回帰? 「オレオレ」前年より2割増 「息子」7割 埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです