メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中東最長在位のオマーン国王に健康不安 開けてはならぬ「封書」に後継者の名

オマーンのカブース国王=首都マスカットで1月、ロイター

 中東で最も長く在位する国家元首のオマーンのカブース国王(79)に健康不安説が浮上している。中東の衛星テレビ局アルジャジーラなどによると、結腸がんを患っているとされる。在位が半世紀近くに及ぶ国王だが、2015年ごろからは公の場にほとんど姿を現していない。

 国王は1970年、父親のサイド国王を宮廷クーデターで追放して即位。中立・善隣外交を進め、他の多くのアラブ諸国が…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文458文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜の会食は「宴会ではない」 首相、野党に反論「意見交換」「いけないことなのか」

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  4. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  5. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです