メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一時閉鎖した「明るい廃虚」のピエリ守山が超人気スポットに再生した理由

H&MやZARAなど特色ある店舗をそろえ、買い物客らでにぎわうピエリ守山=滋賀県守山市で2019年12月14日午後5時53分、菅健吾撮影

 滋賀県守山市の大型商業施設「ピエリ守山」が17日、リニューアルオープンから5周年を迎える。かつてはテナントの大半が撤退し、広々とした施設内の閑散とした様子がインターネット上で「明るい廃虚」と話題にされたこともあったが、リニューアル後は年400万人以上が訪れる人気スポットへと生まれ変わった。なぜピエリ守山は“復活”できたのか、軌跡を追った。

 週末の14日、ピエリ守山の駐車場は県内のほか、大阪や福井からの車などでほぼ満車状態に。施設内は、若者などに人気のファストファッションブランド「H&M」「ZARA」や、家具チェーン大手「ニトリ」などがテナントとして入り、クリスマスセールの飾りが店先に並ぶ。店内や通路は若者のグループや家族連れ、高齢の夫婦など、さまざまな客層でにぎわう。

この記事は有料記事です。

残り1125文字(全文1464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 「次期総裁は岸田氏か石破氏」 小泉純一郎元首相と山崎拓氏が一致

  5. 靖国参拝の小泉進次郎氏「大臣になってもちゅうちょなかった」 4閣僚が参拝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです