安倍政権が後押しする森林皆伐跡地で崩落頻発? 進まぬ豪雨「人災」の検証

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東北地方などに被害をもたらした台風19号の被災地を歩くと、森を全面伐採して丸裸にする「皆伐(かいばつ)」の跡地から土砂崩落が起きたケースが頻発していた。近年の他の豪雨災害でも同様の事例がみられる。政府が効率重視で林業の成長産業化を図る一方、こうした「人災」の検証は進まず、識者や林業関係者から懸念の声が漏れる。【寺田剛】

長さ100メートルを超える土砂崩れ 宮城・丸森

 台風19号の通過から9日後の10月21日、記者は死者10人・行方不明者1人が出た宮城県丸森町に向かって国道113号を車で南下した。阿武隈川にかかる丸森大橋を渡ると、数キロ先の山腹に幅数十メートル、長さ100メートルを超える土砂崩れの跡が見える。「あれは皆伐跡地では?」と直感した。

 現場は町中心部から約3キロ。町道から延びる林道の両側に約10ヘクタール、森を皆伐したらしい跡地が広がる。大型の林業機械を使ったらしい幅4~5メートルの作業道が標高約10メートルごとに幾重にも造られ、まるで段々畑だ。その路肩が複数崩れ、下の作業道の路肩を次々と押し崩して大きく崩落していた。伐採されていない周囲の森に崩落の形跡はない。

 10月11~13日に計427ミリの記録的豪雨が町を襲った。大量の土砂や水が町道の表面を削ったり穴を開けたりし、近くで事業を営む60代男性は「不便だ。早く直してほしい」とこぼす。土砂の一部は町中心部まで流れ込んだ可能性がある。

 このほか町内には、皆伐跡地の崩落とおぼしきケースがいくつもあった。

 町中心部と福島市方面を結ぶ国道349号沿いでは少なくとも2カ所、土砂が谷筋をえぐるように流れて立ち木をなぎ倒し、民家脇や国道に流出していた。標高200メートル地点に遠回りして谷を見下ろすと、皆伐されたとみられる跡地から土砂が崩壊し、重機も取り残されていた。「業者が太陽光発電所計画をちらつかせて地元を説得したが、伐採後に逃げてしまった」と林業関係者は言う。

伐採跡と土砂崩落が重なった航空写真

 そこから1キロ離れた皆伐跡地とみられる場所でも、国土地理院による台風後の航空写真と以前の写真を照合した結果、長さ約170メートル、幅最大70メートルにわたる土砂崩落を確認した。土砂は民家脇の田畑を埋めたといい、民家の女性は「皆伐された森は他人の持ち物。どうしようもない」とあきらめ顔だった。避難先から帰ると、玄関先も土砂に覆われていたという。

 町役場周辺に浸水や流木被害を起こした阿武隈川水系の五福谷川や内川沿いでは、航空写真から、皆伐跡地とみられる崩落が10カ所以上あった。そのうち五福谷川最上流部の集落に住む80代の女性によると、最近1年以内に皆伐され、木を積んだ大型トレーラーが通る度に家が揺れたという。「あれだけ一度に木を出せば水にも弱くなる。業者に丸裸にされてしまうから、うちの山は絶対売らない。山がかわいそうでしょ」

国有林法を改正、適齢期迎えた森の皆伐後押し

 林業の成長産業化を図る安倍政権は昨年に森林経営管理法を…

この記事は有料記事です。

残り1790文字(全文3039文字)

あわせて読みたい

注目の特集