メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マッサージ師養成学校の「新設制限は合憲」 東京地裁判決

記者会見で請求棄却の判決を歓迎する全日本視覚障害者協議会の山城完治・代表理事(手前)ら=東京都内で2019年12月16日午後0時22分

 視覚障害者の生計を守るため、健常者向けのあん摩マッサージ指圧師養成学校の新設を制限している法律の規定が、憲法が保障する「職業選択の自由」に違反するかどうかが争われた訴訟の判決で、東京地裁(古田孝夫裁判長)は16日、「視覚障害者は今もマッサージ師業に依存しており、規定の必要性は認められる」と合憲判断を示した。その上で、新設を認めなかった国の処分の取り消しを求めた学校法人の請求を棄却した。

 法律は、マッサージ師らの養成学校の許認可について定めた「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律」(あはき法、1947年制定)。視覚障害者の生計を保護するため、64年に「国は当分の間、健常者向けの養成学校の新設を制限できる」との規定が設けられた。

この記事は有料記事です。

残り1104文字(全文1430文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

  2. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  3. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  4. 元TOKIO山口達也容疑者を現行犯逮捕 酒気帯びでバイク運転の疑い

  5. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです